リハビリのプロを目指す|本気で整体師を目指すなら専門学校に通う準備をしよう

本気で整体師を目指すなら専門学校に通う準備をしよう

メンズ

リハビリのプロを目指す

男女

今後が期待される国家資格

理学療法士とは、怪我や病気など何らかの理由により、身体的に障害を負った方の、機能回復をサポートする専門家です。国家資格であり、高齢化社会を迎えた今、広く求められる資格でもあります。理学療法士になるには文部科学大臣、もしくは厚生労働大臣が指定した大学、短大、専門学校を卒業し、国家試験を受ける必要があります。その際、専門学校には3年制と4年生があり、どちらを選ぶかは受験する方の考え方によります。どちらが有利、ということはありませんが、4年生の場合にはそれだけ時間にゆとりと余裕を持って学習できますし、3年制の場合には早く実社会に出られる、学費が割安になるというメリットがあります。どちらが自分の希望に合っているか、考えて決めましょう。理学療法士は今後もますます活躍の場が広がることが見込まれています。資格を生かして、様々な分野で活躍しましょう。

自分に合った学校を探そう

高齢化社会や社会的支援の確立で注目を浴びる理学療法士ですが、専門学校を選ぶ時にはどのような点に注意したらよいでしょうか。まず、理学療法士を目指す場合に最も気になることは、やはり国家試験の合格率ではないでしょうか。合格率の高い専門学校に入りたいと考えるのは、当然でしょう。ただし、合格率の高い専門学校は、入学試験も難しい場合が多く、また入ってからも授業内容がタイトで厳しいことが多いのです。マイ・ペースでじっくり勉強したい、と考えている方には、合わないこともあるでしょう。また、理学療法士の活躍の場が広がった分、逆に自分の進みたい分野にあまり先輩たちがいない、ということもあります。卒業生が自分の希望する分野にどの程度いるのか、といったこともチェックしておきましょう。専門学校で学ぶ時間は、きっと厳しいながらもその後のあなたの人生の土台を作ってくれることでしょう。まずは一歩、踏み出してみませんか。