注目を集める仕事|本気で整体師を目指すなら専門学校に通う準備をしよう

本気で整体師を目指すなら専門学校に通う準備をしよう

メンズ

注目を集める仕事

男女

働きながら取得可能

近年、作業療法士の資格が注目されています。作業療法士は福祉やリハビリ病院などで活躍しており、少子高齢化の現在では重宝される資格です。作業療法士は国家資格です。取得するためには3年以上の養成学校に通い、国家試験に合格することが必要です。養成学校では実技を含めた知識を学ぶため、通信講座等では取得することが出来ません。しかし、養成学校によっては中間部、夜間部があり、働きながら通うことができるので、社会人になってから作業療法士を目指すのも可能です。ただし、カリキュラムでは施設等での実習が必須であり、1か月から2か月は仕事を休む必要があるので職場の了解を得ることが大切です。また、作業療法士の国家試験は2月頃にあり、合格発表は4月初め頃になります。資格が取得できなかった場合、決まっていた就職自体も取り消しになることがあるので、国家試験対策はしっかりと行うことが大切です。

活躍する職場と役割

作業療法士の仕事内容は病気やけが、障がいなどによって体に不自由を抱える人に、医師の指示のもとリハビリテーションを行うことです。似たような資格で理学療法士がありますが、理学療法士は座る、立つなど身体の基本的な機能回復をサポートし、作業療法士は手芸や工芸などを通じて指を動かす、箸を持つ、入浴をするなど日常生活を送る上で必要な機能回復を行います。理学療法士よりも細かい動作をサポートし、特に心に寄り添うことが必要なため、人と接することが好きな人には人気が高いです。作業療法士が必要な場所は医療現場、介護老人保健施設、障がい者生活介護施設、特別支援学校、職業訓練所など様々です。中でも精神科の病院では気持ちを変えるアプローチをし、社会復帰への足掛かりを作る重要な仕事となります。身体の動き、気持ちを大切にする作業療法士は今後さらに必要な資格となるでしょう。