病院に欠かせない事務仕事|本気で整体師を目指すなら専門学校に通う準備をしよう

本気で整体師を目指すなら専門学校に通う準備をしよう

メンズ

病院に欠かせない事務仕事

女医

一般事務プラスαの専門性

持っていると就職に有利だと言われている資格はたくさんありますが、その中でも挑戦しやすさと汎用性の高さで人気が高いのが医療事務の資格です。現在では多くの専門学校等に医療事務講座が設置されています。医療事務とは総合病院やクリニック等における事務仕事全般を指す言葉です。総務・経理・秘書などその仕事の多くは一般企業における事務と同様で、特別な資格がなくても十分勤まります。ただ注意が必要なのは、医学上の知識をある程度持っていないと行うことのできない専門的な業務もあり、それが勤まるかどうかで評価が大きく変わるということです。そのため、病院等に事務の仕事をしたい人は、医療事務講座を受講して必要な知識等を学んでから就職に臨むのが一般的です。

通信講座でも知識を学べる

では、医療事務講座で具体的に何を学ぶのかというと、その中心になるのはレセプト事務です。レセプト事務は、医療機関が保険診療を行った場合にその報酬を保険者に請求する仕事です。レセプトとはその請求に必要な書類を指す言葉ですが、最近ではオンライン請求も普及が進んでいます。いずれにせよ、医師が行った治療や使った薬を正確に理解し、その単価を調べてすみやかに報酬の額を算出するスキルが要求されます。医療事務講座では、この計算方法や単価表の見方などを学習し、修了後は検定試験を経て資格を取得することができます。医療事務講座は通学制のほか、通信講座も数多く開講されています。他に仕事を持ちながら転職を目指している人、子育てが一段落したら社会復帰をしたい人などは、自分のペースで学習できる通信講座を利用すると便利です。