本気で整体師を目指すなら専門学校に通う準備をしよう

ドクター

体を正す専門家への道

整体

学舎選びのポイント

整体師を目指せる学校は多くありますが、全日制なのか夜間対応なのかと、学校毎に対応しているシステムに違いがあります。整体師を目指す人は、進学だけではなく社会人からの希望者もいます。仕事を続けながらなのか・専念なのかにより希望するスタイルは違います。自分の通える範囲になければ通信教育もあります。生活リズムによって選ぶとよいでしょう。自分の希望する学校で希望する通信教育があるか、夜間対応しているのか等、疑問は確認することが重要です。時間帯の対応だけでなく、もう1つ重要なのが卒業後のサポートが充実しているかどうかです。整体師は国家資格ではなく、認定資格なので卒業して認定受ければ安泰というわけではありません。就職支援はどうか、独立開業支援はどうかなど、実績や支援体制がしっかりしているのかも考慮する必要があります。

それぞれ特色がある

整体師を育成する学校は多く、全日制・夜間対応学校・通信教育・他技術も習得できる学校と様々です。全日制は一般的な専門学校です。昼間に整体師に必要な医療的知識や理論、技術を学びます。夜間対応学校では、転職を希望している社会人が、仕事終わりに学べるよう対応しています。通信教育は仕事終わりには無理な方や、住んでいる地域により通学が難しい方に対応しています。通信教育なので自分のペースでできる反面、自己管理が必要です。他技術も学べる学校では、整体師に必要なカリキュラムはもちろん、他資格も取得できます。業界に精通したい方向けで、昼・夜学どちらも対応している学校も増えています。自分の環境等によって目指す事が難しい方でも、色んな状況でも学ぶ方法が整体師にはあります。

病院に欠かせない事務仕事

女医

医療事務は、病院等の医療機関における各種事務の総称です。レセプトの作成など他の業種には見られない専門的な仕事があるため、就職を目指す人は専門学校等の医療事務講座を受講し、必要な知識を身につけておくと有利です。

詳しく見る

リハビリのプロを目指す

男女

理学療法士はますます必要とされる国家資格です。取得するためには大学や専門学校で学ぶ必要がありますが、専門学校は3年制と4年生があるので、どちらにするのかよく考えて決めましょう。自分に合った専門学校の選び方ですが、国家試験の合格率だけではなく、卒業生の進路や自分の性格に合っているかなど確認しましょう。

詳しく見る

注目を集める仕事

男女

作業療法士の資格は通信では取得できないが学校によっては夜間部があり、働きながら取得可能です。しかし、実習が必須のため、職場の理解を得ておくことは大切です。作業療法士の仕事内容は身体と心のサポートであり、様々な職場で活躍しています。

詳しく見る